VRヘッドセット

メジャーなVRヘッドセット3つを徹底比較しておすすめ順にランキング

「話題のVRを体験してみたい」とか「スマホのVRゴーグルに飽きた」という方、結構多いのではないでしょうか。

 

ハイクオリティなVR体験をするには、VRヘッドセットがおすすめです!

そこで今回は、メジャーなVRヘッドセット3つを比較しておすすめ順にランキングしてみましたので、ご購入の際の参考にしていただければと思います。

 

メジャーなVRヘッドセットの比較ということで、「PSVR(PlayStation VR)」、「HTC VIVE」、「Oculus」を比較していきます。

 

HTC VIVEは最新の「VIVE Pro」、Oculusは「Oculus Rift」で比較します。

VRヘッドセット名 PSVR VIVE Pro Oculus Rift
価格 ¥36,980 ¥162,880 ¥50,000
同梱内容 ・VRヘッドセット × 1
・PlayStation®Camera × 1
・モーションコントローラー × 2
・その他ケーブル等
・VRヘッドセット × 2
・ベースステーション2.0 × 2
・VIVEコントローラ × 2
・その他ケーブル等
・VRヘッドセット × 1
・Touchコントローラ × 2
・センサー × 2
・その他ケーブル等
解像度 片目あたり960×RGB×1080ピクセル 片目あたり1440 x 1600ピクセル 片目あたり1080 x 1200ピクセル
リフレッシュレート 90Hz 90Hz 90Hz
視野角 100度 110 度 110 度
重量 600g 468g 470g
ルームスケール 3.0m × 1.9m
(PlayStation®Cameraから約1.5m離れたところに座った状態でプレイ)
最小ルームサイズ:2m x 1.5m
最大ルームサーズ:6m x 6m
2.5m x 2.5m
(360度トラッキングするためには、付属のOculusセンサー×2に加えてもう1つセンサー(¥7,800)を購入する必要あり。)
接続機器 PS4(PlayStation4) PC PC
コンテンツ配信プラットフォーム ・PlayStation Store
・DMM.com
・Viveport
・Steam
・Oculus Store
・Steam

 

価格

価格だけで見ると、PSVRが圧倒的に安いです!

 

VRを体験するには、VRヘッドセットだけでは遊べませんので、その他の機器も必要になりますが、PSVR以外のヘッドセットだとハイスペックなPCが必要になってきます。

そうなると、VIVE ProとOculus Riftは、上記の金額+ハイスペックPC(¥80,000以上はする)が必要になるわけですが、PSVRであれば、上記以外に必要なものはPS4(ハイエンドなPS4 Proでも¥44,980)のみ。

つまり、PSVRであれば、VRヘッドセット、PSVR、周辺機器等を全て合わせても¥80,000ほどでVR環境が整うことになります。

 

あまりお金をかけたくないという方は、PSVRがおすすめです。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

没入度に直結!リフレッシュレートと解像度と視野角

リフレッシュレートと解像度と視野角の値が良いほど、没入度が増すと言われています。

 

逆に没入度が低いとVR酔いにも繋がってしまうので、このあたりの数値はしっかりとチェックするようにしましょう。

と言ってもリフレッシュレートって何?と言う方も多いかと思いますので、まずは用語の解説をさせていただきます。

 

リフレッシュレート:動画の滑らかさを表す。値が大きいほど滑らかな動きで表示されます。(このリフレッシュレートが低いと現実世界とのギャップが生じるため、VR酔いを起こしやすいと言われています。)解像度:画面表示の美しさを表します。〇×〇の大きさが大きいほどより美しい画面表示になります。


視野角:VRヘッドセットを着用したときに見える範囲を指します。

 

では、まずリフレッシュレートについて見ていきますが、3つとも「90Hz」ということで差がありませんw

解像度は、VIVE Proが「片目あたり1440 x 1600ピクセル」と圧倒的に良いです。さすが値が張るだけあります。

次にOculus Riftで、PSVRが一番低い値となります。

が、PSVRの解像度は、960×RGB×1080ピクセルと表示されていますよね。

これはどういうことかと言うと、1ピクセルよりも小さい値、サブピクセルと言いますが、このサブピクセル単位の話で、最近の高精細ディスプレイの中には、このサブピクセルでR(赤)B(青)の2色が間引きされているものがあるようで、PSVRはこのサブピクセルでも間引きしていないディスプレイを使用していますよという意思表示になります。

解像度の値としては、PSVRは他のヘッドセットに劣っていますが、こういったこだわりは評価したいところでもあります。

 

視野角

視野角が広いほどVR空間への没入度が高まると言われています。

ここで比較している3つのVRヘッドセットを見てみると、VIVE ProとOculus Riftが110度と並んでおり、PSVRが100度となっています。

ただ、大きな差ではないため、没入度のことを考えるのであれば、リフレッシュレートと解像度の値を重視した方が良いかもしれません。

 

重量

重量は重いと首に負担が掛かってくるため、長時間プレイするのであればより軽い方が良いです。

 

最も軽いのは「VIVE Pro」の468g。次が僅差で「Oculus Rift」の470g。最も重いのが「PSVR」の600gとなっています。

 

ゲームしているといつの間にか数時間経過していたなんてことは良くありますよね!

重いと数時間経過する前に首に違和感が出てきて、VRに集中できなくなってしまうかもしれません。

ということは、没入度にも影響してきます。首の違和感で現実に戻されてしまいますので。

VRヘッドセットは、軽ければ軽いほど良いです。

 

ルームスケール

これは、360度トラッキングをした際に、どの程度の広さで動き回れるのかということを指します。

 

より広範囲で動き回れるほど、快適にプレイできます。

 

ちなみにPSVRは、座ったままでのプレイになるため、360度トラッキングはありません。

ということで、必然的にVIVE ProとOculus Riftの比較になりますが、

VIVE Proが6m x 6m、Oculus Riftが2.5m x 2.5mですので、VIVE Proの方が優れているということが言えます。

ただ、一般家庭であれば、VRのために6m × 6mも確保できないと思いますので、Oculus Riftの2.5m × 2.5mでも十分楽しめるかと。

 

スペック比較のまとめ

価格の面ではPSVRが優れていますが、その他の面ではVIVE Proが圧倒的なスペックを有していると言えます。

Oculus Riftはその中間と言ったところでしょうか。

やっぱり何でもそうですが、良いものは高い!

 

ここまではスペックを比較してきましたが、それぞれ利用できるプラットフォームが違ったりするので、利用できるコンテンツがどう違うのか気になりますよね。

プレイしようと思っていたゲームができなかったら元も子もないですから。

ということで、次は利用できるコンテンツについて比較していきたいと思います。

 

各VRヘッドセットで体験できるコンテンツを比較

VRヘッドセット名 PSVR VIVE Pro Oculus Rift
コンテンツ配信プラットフォーム ・PlayStation Store ・Viveport
・Steam
・Oculus Store
・Steam
コンテンツの量 ★★
(PlayStation Store約180タイトル
※ 本来ならば星1つでも良いのかもしれませんが、DMM.comがPSVRに対応したため、動画コンテンツの量を考慮しました。
★★★★★
(Viveport約1,100タイトル+Steam約2,800タイトル(体験版を除く)=約3,900タイトル
★★★★★
(Oculus Store約2,300タイトル+Steam約1,900タイトル(体験版を除く)=約4,200タイトル

このように、コンテンツの量を比較してみると、Oculus RiftとVIVE Proに対応しているコンテンツが多いようです。

PSVRは2つに比べるとかなり少ないです。

 

ただし、DMM.comがPSVRに対応したことにより、PSVRでDMMのVR動画を視聴することができるようになったため、ハイクオリティな成人動画をVRヘッドセットで視聴したいという方にとっては、かなり評価できるポイントになるかと思います。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

ここでは、コンテンツの量をざっくりと比較してみましたが、次は、それぞれのプラットフォームでしか配信されていない固有のコンテンツを比較してみましょう。

このゲームをやってみたい!というものが見つかれば、必然的に購入すべきVRヘッドセットが決まってきますからね!
(もちろん予算的な制約はあるかと思いますが)

 

PSVRでのみプレイできるゲームの中から人気の高いものを紹介

Bravo Team

Bravo Team

おすすめ度
ジャンル
FPS
価格
¥5,292
おすすめポイント
・最近流行のFPSで、戦場の最前線を体験できるゲーム。
・CPUまたは、オンラインでパートナーとボイスチャットしながらの協力プレイが可能。
・PlayStation VRシューティングコントローラーを使用することでより臨場感がUP。
バイオハザード7 resident evil

バイオハザード7 resident evil

おすすめ度
ジャンル
シューティングホラー
価格
¥4,990
おすすめポイント
・皆知ってる王道のホラーゲーム。
・アイソレートビューにより、より臨場感溢れるゲームに。
・このゲームのために開発された「RE ENGINE」がフォトリアルな表現を可能にし、恐怖がよりリアルに。
・夏に友達呼んでプレイしたら盛り上がること間違いなし!

VIVEでのみプレイできるゲームの中から人気の高いものを紹介

mindshow

mindshow(マインドショー)

おすすめ度
ジャンル
VRアニメーションクリエイト
価格
無料
おすすめポイント
・VRのアニメーションを制作することができる。
・モーションキャプチャーにより、自分の声と体の動きを使ってアニメーションを作成。
・世界で一つのアニメーションを手軽に作ることが出来る。
Hot Dogs, Horseshoes & Hand Grenades

Hot Dogs, Horseshoes & Hand Grenades

おすすめ度
ジャンル
シューティング
価格
¥1,980
おすすめポイント
・様々な銃火器を用いたシューティングゲーム。
・ミニゲームが豊富。
・VRシューティングゲームに慣れるためのゲームとしておすすめ。

Oculusでのみプレイできるゲームの中から人気の高いものを紹介

DOPAMINE

DOPAMINE

おすすめ度
ジャンル
シューティング
価格
¥398
おすすめポイント
・3D空間でのシューティングゲーム。
・¥398と安い。
・オンライン対戦が可能。

Oculus特有のゲームももう一つくらい紹介できればと思ったのですが、良さげなのがありませんでした。

VIVEでもOculusでもプレイ可能なSteamで配信されているゲームからおすすめを紹介

Steamで配信しているゲームならVIVEにもOculusにもほとんど対応しているので、SteamでおすすめのVRゲームも紹介しておきますね。

VRChat(VRチャット)

VRChat(VRチャット)

おすすめ度
ジャンル
ソーシャルVR
価格
無料
おすすめポイント
・自分のオリジナルアバターを作成できる。
・ゲームを作って友達と遊ぶことができる。
・様々な国の人と交流できる。
・VR空間での自由度MAX。(ミニゲーム、カラオケ、落書き、握手、ハイタッチ、悪ふざけ、打合せ、友達との記念写真、イチャイチャw、etc)
The Lab(ザ ラボ)

The Lab(ザ ラボ)

おすすめ度
ジャンル
ミニゲーム集
価格
無料
おすすめポイント
・The Lab(ザ ラボ)だけで様々なVR体験ができる。
・VRゲームに慣れるために最適なゲーム。
・ルームスケールを存分に楽しめる。
・無料なのにクオリティも申し分なし。

VRヘッドセットをおすすめ順にランキング

1位 PSVR(プレイステーションVR)

ランキング理由▼
・何と言ってもコスパが良い!!(必要な機器を全部合わせても¥80,000ほど|VIVE Pro、Oculus Riftは数十万円かかる)
・タイトル数は少ないが、十分なクオリティを有するゲームが多数配信されている!(今後も有望なゲームが多数リリースされる可能性あり)
・これからVRを始める方には特におすすめ!

 

こちらの記事をお読みいただいている方は、これからVR機器を揃えて、家でプレイしたいという方がほとんどかと思います。

 

その辺りを考慮すると、やっぱりコスパ最強のPSVR一択かと。

 

タイトル数は現在、約180タイトルほどと、他の2製品に比べて少ないですが、プレイステーションですよ!

ゲームを作ってきた歴史が違います!

今後は魅力的なタイトルが続々と配信されることになるでしょう。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

2位 VIVE Pro

 

ランキング理由▼
・スペックが圧倒的に優秀!
・Steamで配信されるタイトルのほとんど対応している!
・予算的な制限が無ければ1位!

 

とにかくスペックが図抜けています!

高解像度で視聴できますし、360度トラッキングのトラッキング能力も高い!

ルームスケールの範囲も広いので、伸び伸びとプレイできます!

ただ一つの難点は、価格が…高い!!

これは十分に参入障壁となるレベル。

 

しかしながら、予算に余裕があるのであれば購入すべき製品は「VIVE Pro」です!

Steamで配信されるゲームのほとんどが対応していて、今後も世界中の優秀な開発チームが続々と魅力的なゲームを開発し続けることでしょう。

予算に余裕があり、満足度の高いVR体験を追及したい方には「VIVE Pro」をおすすめします!

 

3位 Oculus Rift

 

ランキング理由▼
・スペックは十分優秀!
・VIVEより安い!(PCのスペックもVIVEより低いもので対応可。PCと本体価格を合わせて¥130,000ほどで購入可)
・360度トラッキング機能を使うには、別途Oculusセンサー(¥7,800)を購入する必要あり。
・USB3.0のポートが3個必要。

 

VIVE Proよりもスペックは劣りますが、その分安く購入ができるのがOculus Riftのおすすめポイント。

しかしながら、USB3.0ポートが3個必要だったり、360度トラッキングするために別売りのOculusセンサー(¥7,800)を購入する必要があることがマイナスポイント。

それよりも、今後技術が進むにつれて、Steamで配信されるゲームで要求されるスペックも高くなってくると思われるので、どうせ買うなら高くても良いもの買っておいた方が良いのではないかということで、VIVE Proよりもランクを下げさせてもらいました。

 

現在遊ぶのには十分なスペックを備えていますし、VIVE Proよりも安く手に入れることができる点は評価できるポイントであるため、その辺りをどう捉えるかで評価も変わってくるところ。

とにかく安価にPCでVRを体験したいという方には「Oculus Rift」をおすすめします!

関連記事

  1. 【Oculus Quest】がついにリリース!おすすめ理由を簡単にご紹…

  2. 「VRゴーグル・VRヘッドセット」を比較 それぞれのおすすめ商品も紹介…

  3. Oculus QuestはAmazonや楽天で正規品が購入できます!安…

  4. VRとは?VRゴーグル・VRヘッドセットって?おすすめを教えてほしい!…

コメント

    • VRman
    • 2019年 3月 09日

    こちらのサイトは、tableが固定されていて、比較表がスマホからは読めません。しかしながら文字データだけはレスポンシブ対応という意味不明な作りになっていますが、何故なのでしょう。もしかして記事を書いた後にちゃんと表示されるかどうか、機種別、os別に確認をしていないというケアレスミスの可能性もありますか?

      • VRsukizo
      • 2019年 3月 09日

      申し訳ございません。Wordpressをアップデートし、使用しているテーマとの間で不具合があるのかもしれません。記事作成後はレスポンシブだったのですが…。早めに対応したいと思います。ご連絡いただきありがとうございました。

    • VRman
    • 2019年 3月 10日

    ご丁寧に返信ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

VRゴーグル

人気のスマホ用VRゴーグル5つを徹底比較!好みに合ったVRゴーグルで快適なVR体…

VRヘッドセット

メジャーなVRヘッドセット3つを徹底比較しておすすめ順にランキング

VRゴーグル

iPhoneユーザーにおすすめのVRゴーグルを5つに厳選してランキング形式で紹介…

スマホ用VRアプリおすすめ

スマホ用VRゴーグルを購入したらダウンロードしたいおすすめアプリ5選(動画編)