VRヘッドセット

VRとは?VRゴーグル・VRヘッドセットって?おすすめを教えてほしい!

VRは様々な分野で活用され始めていますが、特にエンターテイメントの分野で普及が進んでおり、アトラクションやゲーム、360度動画などで活用されています。

これは、他の物事に当てはめても同じことが言えるのですが、例えばスマートフォンのアプリなんかも、ゲームがまず普及し、その後様々なアプリが登場してくるようになりましたよね。

 

黎明期というのは、人々が興味を抱きやすい分野から普及し、発展していくことがほとんどです。

 

VRも同じような道を辿っていくことと思われます。

そんなVRですが、改めてどんなものなのかを少し掘り下げてみることにしましょう。
(と言っても、歴史なんかを振り返ってもつまらないと思いますので、現在どのようなものに利用され、今後どうなっていく可能性があるのかについて書いていきます。)

VRとは?

言葉の意味をコトバンクで調べてみると以下のように説明されています。

コンピューターによって作られた仮想的な世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術。

引用元:コトバンク

IT技術の進歩って凄いですよね!バーチャルな世界を作り出して、それを3D体験できるようになっているのですから!

このVRですが、実際に体験するためには、VRゴーグルまたは、VRヘッドセット(ヘッドマウントディスプレイ、通称HMD)を装着することで、3D映像を通してVR空間に浸ることができます。
(VRゴーグル及びVRヘッドセットについては、後述します。)

この「装着」という部分に煩わしさを感じる方も少なからずいらっしゃると思いますが、いずれはもっと簡単に(例えばメガネやコンタクトレンズのようなもので)VRを体験できるようになるかもしれません。そうなれば、益々普及していくことが予想されます。

普及後の世界については、「マトリックス」や、「レディ・プレイヤー1」などの映画を観ると想像しやすいかもしれません。

映画の話が現実になるわけないだろ!とお思いの方もおられるかと思いますが、そんなことないんです。

実際に、「バックトゥザフューチャー」の空飛ぶスケボー(ホバーボード)や、「フィフスエレメント」で出てくる空飛ぶ車なんかは現実世界で既に作られていたり、開発が進んでいますので。

技術は、私たちが知らないところで、加速度的に進化していますので、VRも同様に想像以上の進化を遂げる可能性があります。

VRはどんな分野で使われているのか

実際にVRがどんなことに、どのように使われているのかを見ていきましょう。

 

ゲーム

くどいかもしれませんが、ゲーム業界では既に普及しています。

Bravo Team(PSVR)

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

Biohazard 7 Resident Evil(PSVR)

ポケモンGOなどのAR技術を用いたゲームは、ゲームの世界を現実に持ち込むというイメージですが、VRは、自分がゲームの世界に入り込んでプレイするイメージです。

 

意見は様々だとは思いますが、私はゲームの世界に入り込む方が圧倒的に楽しいと思っています。

ゲームの世界に入り込めるので、実際に自分が主人公となってプレイすることが可能です!

右も左も上も下もどこを見渡してもゲームの世界。現実の世界にキャラが出てきて一喜一憂するよりもずっと楽しいです!

 

動画

YouTubeでは、360度カメラで撮影した動画を投稿・視聴することができます。

「Vimeo」という動画共有サイトでも360度動画が投稿・視聴できます。

Vimeoは、クリエイターが作成した動画を共有することを目的としているため、YouTubeよりもクオリティの高い動画が多いです。

 

アトラクション

ゲームセンターや専用の施設でVRを使ったアトラクションが数多く登場しています。

VR ZONE SHINJUKU

VR PARK TOKYO

 

買い物

Amazonや楽天、zozotownなどのネットショッピングが当たり前の時代になってきていますが、実際に見て、手に取って購入したいという方はネットでの購入に抵抗があるかと思います。

そんな悩みを解決できるのが、VRです。VR空間上のショップに行き、3Dで商品を見て購入することができます。

BUY+

STYLY

 

不動産

地方から上京したり、逆に地方へ移住する場合、現地へ行って、不動産屋にアパートやマンションを案内してもらい、契約するという流れが一般的です。

これって面倒ですし、コストが掛かりますよね。ネットで部屋の写真が見れたりしますが、2Dで実際よりも綺麗に撮っていることがほとんど。

VRであれば、3Dで内見できるので、実際に現地に行くのと同じような体験ができるので、コスト削減と時間の無駄遣いをせずにすみます。

また、完成前の不動産もVRを使って内覧することもできます。

Virtual Showroom

ウォークスルー

 

医療現場

医療現場では、VRを用いることで、患部を立体的に診ることができるため、2Dで見えずらい部位もしっかりと診ることができます。

また、手術前にVRを使うことで、シミュレーションを行うこともできます。

Born Digital,Inc

 

VRは今後どうなっていくのか

先ほどは、既に活用されているものを中心に紹介してきましたが、ここでは今後VRがどのようなことに使われ、普及していくとどうなっていくのかについて書いてみたいと思います。

将来を予想するためには、まず、そのものの特徴、特にメリットとなる部分を知っておく必要があります。なぜなら、そのものの良い意味で尖っている部分、つまりメリットとなる部分を拡張し、進化させていくことで、デメリットとなる部分も克服し、様々な分野で普及していくことになると考えるからです。

 

VRの特徴

では、VRの特徴は何なのか。

「体験できる」

一番の特徴はこれでしょう。

テレビやネット動画では、スポーツ、エンターテイメント、旅行、ニュース、料理、映画など様々なものが日々配信されており、多くの方が視聴しています。

そう、視聴です。

これが限界です。

VRにおいても実際にその場に行くことはできませんが、その場にいるような感覚、つまり没入感があるため、体験しているような感覚に陥ります。

 

VRにおける体験の拡張

VRで体験できると言っても、結局は映像と音を3Dで視聴できるだけなのでは?

と疑問を持たれる方も多いかと思います。

しかしながら、そのような疑問を既に解消しようと開発が進んでいます。

この動画は、Sensiksという企業が開発している、小部屋でVRヘッドセットを付けることで、その映像と連動し、香り、気温、気流、震え、味覚、光を体験できるプラットフォーム及びアプリケーションの紹介動画です。

控えめに言っても凄いですが、皆さんお察しのとおり、小部屋なので、動き回れなかったり、そもそもこんな設備買ってもどこに置けば…というような課題もあります。

しかしながら、こうやってVRにある課題を解決しようとしていることも事実です。

時間は掛かると思われますが、このように五感全てで体験できる製品が、より安く簡単に手に入るようになる日も来るのではないかと思っています。

 

映画「レディ・プレイヤー1」からVRの未来を考えてみる

私は、映画監督や原作者は未来人なのでは?と時々疑ってしまいますw

なぜなら、未来を描いたSF映画で出てくるものが、数年後、実用化されていることが多々あるからです。

この記事の序盤でも紹介しましたが、バックトゥザフューチャーの空飛ぶスケボーなどがその例です。
(その他の例は「ついに現実のものに!SF映画に登場し、具現化された11の商品」をご覧いただければと思います)

ここから「レディ・プレイヤー1」の話ですが、映画の世界は、2045年で現実世界は廃れてしまっていて、VRが人々の逃げ場となっています。

その逃げ場となるVRの世界「OASIS(オアシス)」では、ゲームや、スポーツ、ショッピングなどもでき、廃れた現実世界から見ると、まさに「OASIS」のよう。

このOASISでは、自分のアバターが動き回り様々な場所へ行ったり、他のプレイヤーのアバターと会話したりできるが、このアバターと現実世界は、360度対応のウォーキングマシンと、VR内の感覚が伝わるボディスーツを着用することでリンクさせています。

また、OASIS内では独自の通貨が使われ、様々なものが購入できるようになっています。

映画の紹介記事では無いので、映画内のOASISというVR空間の概要だけになりますが、これだけで十分未来を予測できます。

 

と言うよりも、このレディ・プレイヤー1の世界そのものが、未来予測になっていると思っています。

ここからは、その理由を書いていきますが、長くなってしまうといけないので、まとめます。

 

・AIの発展により、人間の職が奪われるようになり、仕事の時間が減ることで、自分がなりたいものになれるVR空間を訪れる人が増える。
・仮想通貨の発展により、より速くセキュアな取引が可能になることで、VR空間でのショッピングが活発になる。
・世界的に高齢化が進んでいるため、全世界的に経済も悪化、若者の負担が増え、益々生きづらい世の中になり、VR空間に逃げる人が増える。

 

もちろん、OASISのような世界が実際に出来上がらなければ、映画のようにはいきませんが、実際、徐々に出来つつあります。

 

例えば、VRCHAT(VRチャット)

 

VRCHAT(VRチャット)は、VR内を自分のアバター視点で動き回り、世界中のプレイヤーと会話したり、ゲームを楽しんだりできます。

また、VRCHATの凄いところは、VR空間をプレイヤーが拡張していくことができます。どういうことかというと、新たな空間やゲームを開発企業ではなく、プレイヤーが自由に作って、VR内で公開し、遊ぶことができるのです。

これにより、常に新たな需要が生まれ、様々なプレイヤーが訪れるようになります。

うまく発展していけば、レディ・プレイヤー1のような世界にすることも可能かもしれません。

次に技術的な面についてですが、こちらの動画をご覧ください。

はい、360度走り回れます。

これで広いスペースがなくとも、VR空間で走り回ることが可能です。

次はこれ、

このスーツ(Teslasuit)を着用することで、VR空間で何かを触ったり、誰かに触られたりした場合、電気刺激により、その感覚を再現できるとのこと。

こちらは、HOLO SUITと呼ばれる全身をモーションキャプチャーするためのスーツ。

これを着用することで、VR空間と現実の動きを連動させることができます。

 

このように、VRは目覚ましい発展を遂げています。

 

これまで紹介してきた製品がより一般的になり、映画「レディ・プレイヤー1」のようなVR空間ができ上ったとき、そして、現実世界がより生きづらい世の中になっていた場合、多くの人のプライベートな時間はVR空間に捧げられることになるかもしれません。

 

VRゴーグル・VRヘッドセットって?

ここまでVRについて長々と書かせていただきましたが、2018年現在、VRを体験するためには、VRゴーグルまたは、VRヘッドセットが必要になります。

ここからは、VRゴーグルとVRヘッドセットとはどんなものなのかについて書いていきたいと思います。

 

VRゴーグルとVRヘッドセット(VRヘッドマウントディスプレイ)の違い

VRゴーグルは、スマホを装着してVR体験するもので、VRヘッドセット(VRヘッドマウントディスプレイ)は、PCやゲーム機などと接続してVRを体験するものになります。

両方とも、ゴーグルのような形状をしていますが、性能は全く異なります。

より詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

 

VRゴーグルは見ることに特化

VRゴーグルはスマホで映し出すVR用の映像をゴーグル越しに見ることで、VR体験ができます。

ですが、VRヘッドセットとは異なり、モーショントラッキングなどの機能は備わっていません。

 

基本的VRゴーグルでは、ゲームで遊びまくるというよりは、360度動画などを視聴することがメインになってくるかと思います。
(Galaxyであれば、Gear VRを購入することで、他のVRゴーグルよりも幅広いVR体験が可能です。)

スマホ用VRゴーグルおすすめランキング

 

VRヘッドセットはよりクオリティの高いVR体験ができる

VRヘッドセットは、PCやゲーム機に接続することでVR体験できるため、スマホよりもクオリティの高いVR体験ができます。
(PCなどに接続しないで、ヘッドセットだけで完結するスタンドアロン型というものもあります。)

また、モーショントラッキング機能が備わっているものが多く、VR体験をする際の自由度が高いのが特徴です。

 

VRヘッドセットは、本体の価格が高いことや、PCに高いスペックが求められることから、初期の設備投資が大きくなってしまうというデメリットを抱えていますが、それを補って余りあるほどの圧倒的な没入感を味わえます。

VRヘッドセットおすすめランキング

 

おすすめのVRゴーグル・VRヘッドセットを紹介

ここまでVRとはどんなものなのか、VRを体験するために必要なVRゴーグルまたは、VRヘッドセットについて書いてきましたが、最後にVRゴーグルとVRヘッドセットのおすすめ製品を紹介して終わろうと思います。

 

VRゴーグルのおすすめは「Canbor」

VRゴーグルで最もおすすめしたいのは「Canbor」です。その理由は、

 

・約¥3,000とリーズナブル
・視野角も120度と広い
・重量も約280gと軽い
・通気性も良い
・Bluetoothリモコン付き

 

Canborであれば快適にVR体験ができます。

¥3,000と安いところも魅力!

Canbor

おすすめ度
金額
2,999円円(2018年7月15日現在、Amazonにて確認)
視野角
120°
ピント調節機能
あり
対応機種
4.0~6.3インチのスマートフォン
重量
約280g
裸眼視聴のための視力
0.03以上
メガネ対応
なし
Bluetoothリモコン
付属

その他のVRゴーグルのランキングはこちら▼

スマホ用VRゴーグルおすすめランキング

 

VRヘッドセット(VRヘッドマウントディスプレイ)のおすすめはPSVR

VRヘッドセットで最もおすすめしたいのは、「PSVR」です。PSVRをおすすめする理由をまとめると、

 

・他のVRヘッドセットよりも低価格で購入可能!
・面倒な設定をせずにプレイできる!
・PCが苦手な方でも手軽にプレイできる!
・優良なコンテンツが豊富!
・DMM.comがPSVRに対応!VR動画が視聴できる!

 

他のVRヘッドセットだと、高スペックPCとVRヘッドセット本体を合計すると、数十万円になりますが、PSVRはPS4とPSVRで約8万円で購入することが可能です。

 

つまり、コスパがいい!

 

コンテンツも豊富なので、ゲームも動画も飽きることなく楽しめますよ!

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

PSVR(プレイステーションVR)

おすすめ度
価格
84,900円(2018年7月15日、Amazonにて確認)
PS4Pro+PSVR+PlayStation Camera同梱
プラットフォーム
Playstation4
フレームレート
120fps(この値が大きいほど映像が滑らかに表示される)
視野角
100°
メガネ対応
その他おすすめポイント
映画、YouTube、Netflixなどのコンテンツも2Dで視聴可能。
更にDMM動画も視聴可能!

その他のVRヘッドセット(VRヘッドマウントディスプレイ)については、こちらの記事で紹介しています。

関連記事

  1. メジャーなVRヘッドセット3つを徹底比較しておすすめ順にランキング

  2. 「VRゴーグル・VRヘッドセット」を比較 それぞれのおすすめ商品も紹介…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

VRゴーグル

人気のスマホ用VRゴーグル5つを徹底比較!好みに合ったVRゴーグルで快適なVR体…

VRヘッドセット

メジャーなVRヘッドセット3つを徹底比較しておすすめ順にランキング

スマホ用VRアプリおすすめ

スマホ用VRゴーグルを購入したらダウンロードしたいおすすめアプリ5選(動画編)

VRゴーグル

iPhoneユーザーにおすすめのVRゴーグルを5つに厳選してランキング形式で紹介…